マッサージとリラクゼーションの違い?

マッサージとリラクゼーションの違い?

あまり意識したことはないかもしれませんが、「マッサージ」と「リラクゼーション」に明確な違いがあることはご存知ですか?
それはマッサージというのは治療を目的としたもので、国家資格であるあん摩マッサージ指圧師でないと行ってはいけない施術であるということ。
ただ、リラクゼーションサロンで行われる施術も多くは押したりもんだりさっすったりなので、してもらう側からしたら大きな違いは感じられないかもしれません。

ではマッサージ店や治療院とリラクゼーションサロン、どんな違いがあるんでしょう。

資格の違い

新宿,マッサージ,安いほぐしの森,2980円,
先程も書いたように、マッサージ店にはあん摩マッサージ指圧師という有資格がいます
これは専門の学校や施設で3年以上、東洋医学や西洋医学、心理学や栄養学などさまざまな体についてのことを学び、十分な実習を行った後にやっと受験資格を得られる国家資格なので、誰もが簡単に取れるというものではありません。
なので「マッサージ」という言葉はそのお店や治療院にあん摩マッサージ指圧師の有資格者がいる場合にしか使うことができないんです。
「でもリラクゼーションサロンで<アロママッサージ>っていうメニューを頼んだことがあるよ?」という方もいるかもしれませんが、あくまでも規制されているのは単独で「マッサージ」という言葉を使うことのようです。

ではリラクゼーションサロンで働くセラピストさんは、無資格で働いているってこと?それってなんか不安、と感じる方もいるかもしれませんが、もちろんサロンで何か健康被害があってはいけないので、それぞれのお店でしっかりとした研修が行われているはずです。
もし心配だったらしっかりとした腕の有資格者がいるマッサージ店に行くか、国家資格は持っていなくても民間資格を持っていたり、施術歴の長いセラピストさんを指名することで、安心して施術を受けられるかもしれませんね。

目的の違い

マッサージは治療のため、リラクゼーションは癒しのため、という目的の違いがあります。
たとえば以前怪我をしてしまった箇所が痛いので診てもらいたい、解消したいという方はマッサージ店に行くといいでしょうし、もみほぐしてもらうことでストレスや緊張から開放されたい、癒されたいと考える方は、リラクゼーションサロンのゆったりした空間で施術を行ってもらうといいでしょう。
ただ最近ではリラクゼーションサロンにも資格を持っているマッサージ師がいる場合もありますし、マッサージ店でアロマオイルを使った癒しを目的とした施術を行っているところもあります。
そう考えると、あえて境界線を作る必要はないのかもしれませんね。

保険適用の違い

新宿,マッサージ,安いほぐしの森,2980円,
たとえば病気やケガの治療の一環として、整形外科などの医師が認めた場合のみ、という限定的なものになってしまいますが、マッサージや鍼灸の施術に保険が適用される場合があります
もちろん保険適用の治療が行えるのは国家資格を有する治療院や鍼灸院で「保険適用の治療をしている」と掲げているところだけで、リラクゼーションサロンやエステなどでは適用されませんし、さらに言えば保険適用の治療を行っている治療院・鍼灸院でも、「ただ疲れているので施術して欲しい」という時には保険適用外の施術ということになります。

admin

コメントは受け付けていません。